自民党厚生労働部会は12日、党本部で会合を開き、社会保障に関する行政手続きの在り方を議論する「国民起点プロジェクトチーム(PT)」を設置した。小泉進次郎部会長はPTのあいさつで、「国民の立場に立って行政事務を改善しなければいけない」と指摘。当面は将来の年金額などを知らせる「ねんきん定期便」の書面をより分かりやすくするなど、年金分野を中心に見直しを進める方針を決めた。
 年金制度をめぐっては、受給開始を遅らせれば年金額が増えるが、こうした仕組みは十分理解されていないとの指摘もある。小泉氏は「きちんと伝わるようにするのが大事だ」と述べ、制度の周知策を議論する考えも示した。 (C)時事通信社