医師免許がないのに入れ墨(タトゥー)の施術をしたとして、医師法違反罪に問われた彫師の増田太輝被告(30)の控訴審判決が14日、大阪高裁であり、西田真基裁判長は罰金15万円とした一審大阪地裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。
 一審判決は昨年9月、「タトゥーの施術は医療行為」とし、医師が行わなければ保健衛生上、危害を生じる恐れがあるなどと判断していた。
 西田裁判長は「タトゥーは装飾的ないし象徴的な要素や美術的な意義があり、医療を目的とする行為ではないことは明らかだ」と述べ、施術は医師法上の医業には当たらないと判断した。
 その上で、医師だけが施術可能という一審の解釈を適用した場合、「職業選択の自由を侵害する恐れがあり、憲法上の疑義が生じる」と指摘。「業界による自主規制、行政の指導などの手段を検討、対処すべきだ」と言及した。
 判決後の記者会見で増田さんは、「声を上げたことは間違いでないことを証明する判決だ」と語った。
 田辺泰弘・大阪高検次席検事の話 判決内容を精査した上で適切に対応する。 (C)時事通信社