自民党は14日、財政再建推進本部(本部長・岸田文雄政調会長)の初会合を党本部で開き、高齢化に伴って拡大する社会保障分野の歳出の実情について、厚生労働省などから報告を受けた。今後、社会資本整備や防衛、地方財政などの分野でも担当省庁からヒアリングを行い、歳出抑制につなげていきたい考えだ。
 同本部は岸田氏の主導で設置された。岸田氏は記者会見で「各分野の取り組み状況を確認した上で、本部としての取り組みを確定していきたい」と述べた。 (C)時事通信社