茨城県は14日、県福祉相談センターの課長級の50代男性職員が、部下14人分の人事関係書類を電車内で紛失したと発表した。書類には部下らの勤務評価や住所などのほか、家族の名前や健康状態も記載されていた。
 県によると、男性職員は13日午後6時45分ごろ、帰宅途中のJR常磐線車内で部下14人分の履歴書と人事評価書を入れたかばんを置き忘れた。自宅最寄り駅で下車した際に気付き、駅員や県警水戸署に遺失物届を提出するなどしたが、見つかっていないという。 (C)時事通信社