【サンパウロ時事】キューバ保健省は14日、ブラジルへの医師派遣を打ち切ると発表した。ブラジルのボルソナロ次期大統領が派遣プログラムをめぐり、キューバ政府を批判したことを受けた措置。ブラジルで2003年に左派政権が誕生して以来、良好だった両国関係は、次期政権で一気に冷え込みそうだ。
 ボルソナロ氏は2日付の地元紙のインタビューで「キューバの独裁者」が医師の給料のほとんどを搾取した上、家族の同伴も許していないと強調。「自国民をこのように扱う国と外交関係を維持できるだろうか」と非難し、キューバ側に人権侵害を改めるよう要求した。 (C)時事通信社