iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した免疫細胞のキラーT細胞について、がん細胞を攻撃する能力の低下を防ぐことに成功したと、京都大の金子新准教授らが発表した。京大iPS細胞研究所で備蓄しているiPS細胞から製剤を開発し、患者に投与する臨床試験(治験)を目指している。論文は16日、米科学誌セル・ステムセル電子版に掲載される。
 金子准教授らのグループは、がん患者のiPS細胞から新たにキラーT細胞を作製。この際、キラーT細胞になる過程で細胞表面の受容体が不必要に再構築され、攻撃対象のがん細胞を特定する能力が落ちることが分かった。
 そこで、遺伝子を改変する「ゲノム編集」の技術を用い、iPS細胞から特定の遺伝子を取り除くと、がん細胞を特定する能力を保つことができた。マウスを使った実験では、がんの進行が遅くなり、寿命が延びたという。
 金子准教授は「広く応用できる土台となる技術だ」と指摘。確立されれば京大の本庶佑特別教授らが開発したがん免疫治療薬などと併用することになるとの見方を示した。 (C)時事通信社