【グローブニューズワイヤ】米インビボスクライブ社は、第一三共との継続的なパートナーシップにより、第一三共が日本でキザルチニブの承認申請したのに続き、ルーコストラットCDxFLT3変異アッセイをキザルチニブのコンパニオン診断薬として日本で承認申請したことを明らかにした。インビボスクライブは、第一三共とのパートナーシップにおいて、再発・難治性FLT3ITD急性骨髄性白血病(AML)患者を対象としたグローバル第3相臨床試験(欧米および日本を除くアジアで実施)の橋渡しをするコンパニオン診断薬として、ルーコストラットCDxFLT3変異アッセイを開発した。(C)時事通信社