【ニューヨーク時事】国連児童基金(ユニセフ)は20日、英女優ミリー・ボビー・ブラウンさん(14)を史上最年少の親善大使に任命すると発表した。教育をはじめ子供や若者の権利拡大へ啓発活動を行う。ブラウンさんは声明で「できるだけ多くの子供や若者に会い、彼らを代表して話すことを楽しみにしている」と語った。
 ブラウンさんは米SFドラマシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」の超能力を持つ少女イレブン役で知られ、この役で米エミー賞の助演女優賞にもノミネートされた。ユニセフの活動を2016年から支援していた。 (C)時事通信社