日本骨髄バンク(東京)は20日、骨髄移植を受ける患者の情報が記載された書類を誤ってドナーに送付したと発表した。同バンクは患者家族やドナーらに謝罪し、担当者を厳重注意した。同バンクの個人情報の誤送付は、1991年の発足以来初めてという。
 同バンクによると、地区事務局の担当者が8月、骨髄を採取する施設の医師に送る書類の保存用のコピーを、誤ってドナー宛ての封筒に入れて郵送した。ドナーが地区事務所へ連絡して判明した。
 書類には患者のID番号、体重、身長、血液型、年齢、性別のほか、移植施設の名称、住所、電話番号、移植の責任医師名が記載されていた。患者の名前、住所、電話番号、病名はなかった。
 同バンクは公正・公平なあっせんを担保するためとし、ドナーと移植患者の接触を禁止している。同バンクは「今回の誤発送は接触につながりかねず重大」としている。患者は予定通り、このドナーから提供された骨髄を移植した。 (C)時事通信社