政府の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)は20日、高齢化に伴う社会保障費の増大に備え、医療制度など一連の改革の進展状況を検証した。安倍首相は、健康診断などを通じて病気の重症化を防ぐ「予防医療」に関し、「(疾病)予防や健康づくりなどの重点事項を着実に推進してほしい」と述べ、根本匠厚生労働相に具体策の検討を指示した。
 予防医療は安倍政権が進める「全世代型社会保障」の柱の一つ。メタボリック症候群を予防するための特定健診などに力を入れ、病気にならない、悪化させないことで国民の健康を維持し、医療費の抑制効果を検証する考えだ。 (C)時事通信社