根本匠厚生労働相は27日の閣議後の記者会見で、感染拡大が続く風疹について、今年度第2次補正予算での対策を検討する考えを示した。厚労省は29日の厚生科学審議会感染症部会での議論を踏まえ、全国的な対策をまとめる。
 同省は、ワクチンの接種率が低く、患者の多数を占める30~50代男性の抗体検査や予防接種の原則無料化を検討している。根本厚労相は、成人男性の定期予防接種化などを視野にワクチンメーカーと増産の交渉を進めているとし、「一定量の増産が可能と確認できている」と語った。 (C)時事通信社