【ビジネスワイヤ】システム免疫関連技術のイスラエル企業CytoReasonは、マウス実験の結果をヒト疾患に当てはめて解釈する機械学習モデルを発表した。同モデルは両生物種の既存の遺伝子発現データを活用して、新規の疾患関連遺伝子を究明できる。これにより医薬品開発における異種間差異の障壁を克服可能。同モデルは学術誌のネイチャー・メソッズに掲載された。(C)時事通信社