【北京時事】遺伝子を改変する「ゲノム編集」技術を使ってエイズウイルス(HIV)に感染しないよう操作した受精卵から双子の女の子を誕生させたと公表した中国の賀建奎・南方科技大学副教授が28日、香港で開かれた国際会議で講演し、謝罪する一方で成果や必要性を強調した。中国紙・新京報(電子版)が伝えた。
 賀氏は「まずおわびしなければならない」と講演を切り出した。ただ「実験の機密性がもろく、データが漏れた」と述べ、会議での発表を前に騒ぎになったことへの謝罪とも受け取れた。
 講演後の質疑応答では「貧困地区で(HIVに感染した)精液を洗浄するのは難しく、そうした人たちを助けたい」と必要性を強調。さらに「もし自分の子供に先天的な欠陥の可能性があるなら同じことをする」と断言した。 (C)時事通信社