【グローブニューズワイヤ】テリックス・ファーマシューティカルズと日本メジフィジックス(NMP、本社:東京都江東区)は、淡明細胞型腎細胞がんの治療を目指したアクチニウム225標識抗体の開発に関し技術提携することで合意した。アルファ線は、他の放射線に比べて細胞殺傷能力が高いうえに、透過力が弱いため周辺細胞への影響が小さいことから、アルファ線を放出する225標識抗体はがん治療における治療用核種として期待されている。(C)時事通信社