【香港時事】中国で遺伝子改変の「ゲノム編集」技術を使った女児を誕生させたと賀建奎・南方科技大学副教授が主張している問題で、香港で開催されていた「国際ヒトゲノム編集サミット」は29日、研究に「深い憂慮」を感じると非難する声明を発表して閉幕した。
 サミットの組織委員会は声明で、主張の真偽を確かめる必要があると指摘した上で、賀氏の名指しは避けつつも「手続きは無責任で、国際的な基準に合致していない」と批判。さらに「被験者保護の倫理的な規範を満たしておらず、臨床面などで透明性に欠ける」と問題点を列挙した。
 賀氏は28日、サミット会場で講演。エイズウイルス(HIV)に感染しないように遺伝子を操作した受精卵から双子の女児が誕生したと発表した。 (C)時事通信社