中国の賀建奎・南方科技大学副教授が、遺伝子を改変する「ゲノム編集」技術を使って双子の女児を誕生させたと主張していることについて、日本医師会と日本医学会は30日、「極めて重大な懸念を表明し、同様な非倫理的行為が行われることのないよう、研究や医療に携わるすべての者に強く要請する」との共同声明を発表した。
 声明では、誕生の真偽は不明としながら、「生まれた女児らの身体的、精神的、社会的な安寧を踏みにじり、人の尊厳を無視し、生命を軽視するもので、国際的な倫理規範から見ても常軌を逸したもの」と非難した。 (C)時事通信社