富士フイルムは3日までに、中国のイエスター・ヘルスケア・ホールディングス(上海市)に約60億円を出資する契約を結んだと発表した。イエスター社株式の9.56%を保有する予定。今後、2社は提携関係を強化。イエスター社は、中国市場で富士フイルム製の医療用診断機器の販売のほか、X線フィルムの加工・販売を進める。 (C)時事通信社