【グローブニューズワイヤ】インビボスクライブは、米国の難治性/再発性FLT3陽性急性骨髄性白血病(AML)患者の治療のために、食品医薬品局(FDA)がルーコストラットCDx FLT3変異アッセイ、およびアステラス製薬の医薬品であるゾスパタ(XOSPATA、ギルテリチニブフマル酸塩)を承認したと発表した。さらに、日本の厚生労働省はルーコストラットCDx FLT3変異アッセイの日本における医療費償還を承認した。インビボスクライブは、アステラスとの提携により、アステラスのAML治療薬であるゾスパタのコンパニオン診断として「ルーコストラットCDx FLT3変異アッセイ」を開発した。(C)時事通信社