【ストックホルム時事】今年のノーベル医学生理学賞を受賞する本庶佑京都大特別教授(76)が6日午後(日本時間同日夜)、ストックホルム市内のカロリンスカ研究所で公式記者会見を行い、「免疫力はがんと闘うカギになる」と強調した。
 共同受賞者のジェームズ・アリソン米テキサス大教授(70)とともに記者会見に臨んだ本庶さん。授賞式を控えた心境を問われると、「経験したことがないので分からない」と会場を和ませた。過去の授賞式の映像などを見たといい、「とても楽しみだ」と笑顔を見せた。
 研究を諦めたことがあるかとの質問に「諦めたことはない」と答え、笑いを誘う場面も。「共同研究者のサポートが得られた」と話し、ノーベル賞の賞金は京大に寄付して若手研究者を支援する基金に充てる考えを示した。
 本庶さんが開発したがん免疫療法については、他の治療法と組み合わせることで効果が上がると指摘。高齢者であればがんが完全になくならなくても「(進行しない)共存という形で治療の使命は果たせる」と語った。
 授賞式は10日夕(同11日未明)、市内のコンサートホールで行われる。 (C)時事通信社