【ストックホルム時事】ストックホルムでは10日夜(日本時間11日未明)、ノーベル賞の授賞式に続いて晩さん会が開かれた。医学生理学を受賞した本庶佑京都大特別教授は約1340人の参加者を前に、「より多くの科学者が私たちの取り組みに加わり、がん免疫療法を改善させるよう呼び掛けたい」とスピーチした。
 会場となったストックホルム市庁舎では午後7時すぎ、スウェーデン国王らに続き、和服姿の本庶さんら受賞者が次々と「青の間」に姿を見せた。
 本庶さんと妻の滋子さん(76)はそれぞれ中央のテーブルに着席。本庶さんは隣に座った同国のクリスティーナ王女らと歓談しつつ、豪華な料理を楽しんだ。
 終盤には受賞者があいさつし、本庶さんはスピーチで「私たちの発見に基づく治療法は始まったばかりだ」と強調。「免疫療法が行き渡り、地球上の全ての人が恩恵を受け、健康な生活を送れるよう心から願っている」と話した。 (C)時事通信社