厚生労働省の専門委員会は11日、受動喫煙対策を強化する改正健康増進法に基づき、事務所や飲食店などに設置できる紙巻きたばこなどの喫煙専用室の基準をまとめた。煙の流出防止のため、壁や天井などで区画され、入り口から室内に向かって毎秒0.2メートル以上の空気の流れがあり、煙が屋外に排気されることを求めている。加熱式たばこ専用の喫煙室も同じ基準とする。
 厚労省はパブリックコメントなどを経て、年度内に省令となる基準を正式に決める。施設などは2020年4月以降、基準を守る必要がある。 (C)時事通信社