大正製薬ホールディングス(HD)は19日、米製薬大手ブリストル・マイヤーズ・スクイブ傘下のフランス大衆薬メーカーを買収すると発表した。買収額は16億ドル(約1800億円)。大正製薬HDは、成長分野と位置付ける海外の大衆薬事業を東南アジアで強化してきた。今回の買収で欧州各国にも事業基盤を広げる。
 買収するのはブリストル傘下のUPSAで、2019年6月下旬までに子会社の大正製薬を通じて全株式を取得する。UPSAの17年12月期売上高は4億8000万ドル(約540億円)で、解熱剤や総合感冒薬を手掛けることで知られる。 (C)時事通信社