裸眼の視力が1.0未満の小学生と高校生の割合が過去最高になったことが21日、文部科学省の2018年度学校保健統計調査(速報値)で分かった。同省は「専門家の意見では、スマートフォンや携帯型ゲーム機の使用によって、近くで画面を見る時間が増えていることが影響しているようだ」としている。
 今年4~6月、全国の幼稚園児と小中高校生(5~17歳)が受けた健康診断の結果に基づき、全体の25.3%に当たる約342万人分を調べた。
 裸眼視力が1.0未満の割合は、小学校が34.10%、高校が67.09%でそれぞれ過去最高を記録。中学も56.04%で、過去最高だった17年度(56.33%)に近い結果だった。
 難聴以外の耳疾患は小、中で、鼻・副鼻腔(びくう)疾患は小、高、アトピー性皮膚炎では中、高でいずれも過去最高になった。専門家はアレルギー体質の子どもの増加が一因との見解を示しているという。一方、虫歯は全体で減少傾向が続き、中、高で過去最低となった。 (C)時事通信社