【ビジネスワイヤ】医療技術大手の米クック・メディカルの日本法人クック・ジャパンは、バリー・トーマス氏が新たに代表取締役に就任したと発表した。トーマス氏は製薬と医療機器の業界で20年以上の幹部職の経験を持つ。クックでは米国とオーストラリアの法人の幹部職を歴任。現在は同社でアジア太平洋地域を指揮している。 (C)時事通信社