中国の賀建奎・南方科技大副教授が遺伝子を改変する「ゲノム編集」技術を使って双子の女児を誕生させたと主張している問題で、日本哲学会、日本倫理学会、日本宗教学会は25日、「極めて重大な倫理的問題をはらんだ臨床研究や医療行為が合意形成のプロセスを経ずに行われることは決して許容できない」とする共同声明を発表した。
 声明は、「遺伝子改変が世代を超えて不可逆的に子孫に伝わり、人類という種をゲノムのレベルで変えていくことの始まりになりかねない」と懸念を表明。ヒトを対象としたゲノム編集について、国際的な規制の検討を求めた。 (C)時事通信社