京都大iPS細胞研究所は28日、論文の図に捏造(ねつぞう)や改ざんが見つかったとして、3月に懲戒解雇した同研究所の特定拠点助教が執筆した別の論文について、データが十分に残っていないことなどを理由に撤回したと発表した。論文は胚性幹細胞(ES細胞)に関するもので、同研究所の山下潤教授が責任者を務めていた。
 撤回したのは、マウスのES細胞の細胞分化を早める仕組みの一端を解明したとされる論文。山下教授が責任著者となって2012年、米科学誌に掲載された。
 元助教の執筆した他の論文を検証したところ、この論文で使用した細胞の一部が正しく保存されておらず、データや実験の記録も十分に残っていなかったことが判明。実験結果も再現できないという。共著者全員の同意を得た上で、科学誌が撤回を決定した。 (C)時事通信社