【ビジネスワイヤ】武田薬品工業は、がん免疫療法開発の協業を拡大したと発表した。米メモリアル・スローン・ケタリング・がんセンター(MSK)とは、多発性骨髄腫、急性骨髄性白血病、その他の固形がんを治療するための新規CAR-T(キメラ抗原受容体T細胞)療法薬の開発で協力する。ノイルイミューン・バイオテック(東京都中央区)および英クレッシェンド・バイオロジクスとも提携を拡大してオプションを行使し、CAR-T療法薬を開発していく。 (C)時事通信社