【ビジネスワイヤ】ソレイジア・ファーマ(東京都港区)は、開発中の医薬品候補「SP-04(PledOx)」の第3相臨床試験を日本で開始したと発表した。がん化学療法に伴う末梢(まっしょう)神経障害を抑制するためのSP-04は、スウェーデンのプレッドファーマが開発元。ソレイジアはSP-04のアジアでの権利を持つ。SP-04の第3相臨床試験は欧米とアジアで行われ、アジアでは日本以外に韓国、台湾、香港でも実施する。試験参加者はmFOLFOX6併用化学療法を受ける大腸がん患者。(C)時事通信社