【ビジネスワイヤ】糖尿病ケア技術のスイス企業アセンシア・ダイアベティス・ケア・ホールディングスは、医療用生体内センサー技術の中国企業Zhejiang・POCTechと提携したと発表した。アセンシアはPOCTechの既存のCGM(持続血糖測定)製品を対象に13カ国で独占販売権を、他地域で販売権の優先交渉権を獲得。販売は今年下半期から開始する予定。また両社はPOCTechの技術を基盤に次世代CGM製品を共同開発していく。アセンシアはPHCホールディングス(東京都港区)の100%子会社。(C)時事通信社