【ビジネスワイヤ】クラウド接続医療機器と院外用サービス型ソフトウエアの米レスメド(NYSE:RMD、ASX:RMD)は、同社初の携帯型酸素濃縮器「モビ(Mobi)」を米国で発売したと発表した。モビは酸素供給量、バッテリー稼働時間、重量のバランスを最適化することで、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)などの呼吸器疾患患者が場所に関係なく使用できる。米国以外でも年内に発売する。同社は軽度から重度まで大部分のステージに対応するCOPD治療機器を持つ。(C)時事通信社