厚生労働省は17日、2016年に新たにがんと診断された患者が全国で99万5132人だったと発表した。全病院と任意指定の診療所にがん患者情報の届け出を義務付けたがん登録推進法が同年に施行されており、同法に基づくがん患者数の公表は初めて。
 対象は、16年に日本でがんと診断された日本人と外国人。1人で複数の種類のがんが発見された場合、それぞれのがんで1人分として登録される。
 患者数は、男性56万6575人、女性42万8499人。部位別では、大腸(15万8127人)、胃(13万4650人)、肺(12万5454人)、乳房(9万5525人)、前立腺(8万9717人)が多かった。
 国立がん研究センターは「今後、人口の多い団塊世代や団塊ジュニア世代が罹患(りかん)の多い年齢になっていくので、患者数はしばらく増え続ける」と見込む。 (C)時事通信社