【ビジネスワイヤ】個別化医療技術の独キアゲン(NYSE:QGEN、フランクフルト・プライム・スタンダード:QIA)は、同社のEGFR(上皮性細胞増殖因子受容体)遺伝子変異検出キット「therascreen」が米ファイザーの非小細胞肺がん治療薬「VIZIMPRO」(ダコミチニブ)のコンパニオン診断薬として日本で承認されたと発表した。therascreenはキアゲンのリアルタイムPCR装置でEGFR変異を包括的に検出するためのキット。キアゲンのコンパニオン診断薬が日本で承認されたのは今回が初となる。(C)時事通信社