厚生労働省による毎月勤労統計の不正調査が、失業手当などの支払い不足を招いた問題で、自民党の小泉進次郎厚労部会長は23日、同省に対し「今(失業手当を)もらっている方々には年度内に支給してほしい」と述べた。同日の部会終了後、記者団に語った。
 小泉氏は、年度内の追加給付について「頑張ればいけるという感触を持った」と説明。厚労省だけでなく、政府のIT総合戦略室とも協力し、システム改修などの作業を進めるよう求めた。 (C)時事通信社