【ビジネスワイヤ】クラウド接続医療機器と院外用サービス型ソフトウエアの米レスメド(NYSE:RMD、ASX:RMD)は、同社初の頭頂部接続型CPAP(持続的気道陽圧)鼻マスク「AirFit N30i」を米国で発売したと発表した。AirFit N30iは新しい鼻クレードルクッションにより顔の擦れ跡や炎症を軽減する。頭頂部にチューブを接続するため、ユーザーは自由な体動が可能。カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、欧州の大半でも発売し、年内に提供国を拡大する。(C)時事通信社