東京都内の製薬会社などに白い粉末入りの脅迫文が送り付けられた事件で、同様の文書が札幌と大阪の会社にも届いていたことが26日、分かった。いずれも青酸カリなどが同封されており、大阪府警は恐喝未遂容疑で捜査している。
 府警捜査1課によると、脅迫文は25日夕、大阪市中央区の製薬会社に届いた。都内の消印がある封筒に、北海道内の刑務所の住所と暴力団幹部の名前を記載。中には「青酸カリを入れた偽物の薬を作り、流通させる」などと書いたA4用紙と、ポリ袋入りの白い粉末が同封され、粉から鑑定で青酸カリが検出された。
 昨年1月にも、同社を含む大阪府内の複数の会社に同様の脅迫文が届いていたといい、府警が確認を進めている。
 一方、北海道警によると、東京に本社を置く大手食品メーカーの札幌支社にも25日、数ミリグラムの青酸化合物と脅迫文が届いた。
 封筒に「近日中に金銭を振り込め。振り込まないと大変なことになる」などと書かれた紙と、ポリ袋に入った白い粉末が入っており、差出人はオウム真理教元幹部の名前だった。 (C)時事通信社