武田薬品工業は28日、大阪本社が入る武田御堂筋ビル(大阪市)など21物件を3月下旬に売却すると発表した。売却先や金額は非公表だが、2019年3月期に約380億円の譲渡益を計上する。6兆2000億円に上るアイルランド製薬大手シャイアーの買収で膨らんだ負債の圧縮を図る。
 売却するのは全国の主要都市に保有する支店などのビルと土地。大阪本社ビル周辺の物件が多いという。グループ内に新会社を設立し、この会社に保有する21物件を移し、会社ごと売却する。 (C)時事通信社