防水材などに利用されるウレタン樹脂の硬化剤で、発がん性が指摘されている化学物質「MOCA(モカ)」を取り扱ったことがある労働者と退職者計17人がぼうこうがんを発症した問題で、このうち7人が労災申請していたことが29日、厚生労働省への取材で分かった。同省は作業状況を確認するなどし、仕事と病気の因果関係などを調べている。 (C)時事通信社