自民党厚生労働部会(小泉進次郎部会長)の「国民起点プロジェクトチーム(PT)」は30日、会合を開き、市町村や、企業の健康保険組合などが実施する特定健診(メタボ健診)と、がん検診の受診率を上げるための議論を始めた。厚労省は3月末にも保険者ごとの受診率を公表する方針。 (C)時事通信社