鈴木 市郎氏(すずき・いちろう=福島県大熊町の双葉病院院長)29日午前1時43分、肺炎のため相模原市の病院で死去、84歳。福島県出身。葬儀は2月11日午前11時30分から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は妻京子(きょうこ)さん。
 2011年の東京電力福島第1原発事故の際、双葉病院と系列の介護老人保健施設で避難が遅れ、同年4月末までに入院患者ら約50人が死亡した。この問題で、東電元会長ら3人が同原発の安全対策を怠ったとして業務上過失致死傷罪で強制起訴され、公判中。 (C)時事通信社