医療機器などを手掛けるリオンは31日、デジタル補聴器の「リオネットシリーズ」のラインアップに「プレミエンス」シリーズの11機種を追加すると発表した。片耳1台で20万円を切る低価格を3機種で実現し、シリーズ中で最もコストパフォーマンスを重視した。2月20日から発売する。 (C)時事通信社