厚生労働省は31日、明治と江崎グリコが申請していた乳児用の液体ミルクの製造を承認した。液体ミルクの製造承認は初めて。常温で半年から1年の長期保存ができるのが特長だ。消費者庁の販売許可を得て、液体ミルクの商品が今春にも発売される。
 明治はスチール缶入り(240ミリリットル)、江崎グリコは紙パック入り(125ミリリットル)を計画している。価格は粉ミルクに比べ割高になるとみられる。 (C)時事通信社