体のさまざまな細胞に変えることができる胚性幹細胞(ES細胞)を使い、マウスの腎臓をラットの体内で作ることに成功したと、生理学研究所などのチームが6日、英科学誌電子版に発表した。
 平林真澄・同研究所准教授と中内啓光・東京大特任教授らのチームは、マウスのES細胞を、遺伝子を操作して腎臓を作れなくしたラットの受精卵に注入した上で、ラットの子宮に入れた。生まれた子の腎臓を調べたところ、尿をろ過する糸球体の細胞など主要部分がマウス由来だった。血管などはマウスとラットの細胞が混ざっていた。
 中内特任教授らは既に、マウス体内でのラットの膵臓(すいぞう)の作製に成功。移植医療での利用も視野に、人の膵臓をブタの体内で作ることなどを目指している。
 政府は動物の体内での人の臓器の作製を禁じてきたが、今春にも基礎研究を解禁する見通しで、中内特任教授らは解禁され次第、東大に研究を申請する計画だ。 (C)時事通信社