千葉県野田市の小学4年、栗原心愛さん(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件を受け、厚生労働省の児童虐待に関する専門委員会は13日、各自治体に対し、児童相談所の対応や関係機関の連携などを検証するよう求めた。
 専門委は千葉県と野田市のほか、転居前に一家が住んでいた沖縄県と同県糸満市の担当幹部を呼び、経緯を聴取。その上で、各自治体が今後実施する検証で第三者をメンバーに含めることや、結果の公表などを求めた。 (C)時事通信社