フィットネスジムなどを運営するRIZAP(ライザップ)グループの瀬戸健社長は14日、東京都内で開いた2018年4~12月期決算の説明会で「今期中に損失を確定させ、来期から再び成長軌道に回帰させたい」と述べ、19年3月期中に赤字の子会社や事業の売却、構造改革などを終える考えを示した。その上で「(業績)修正も含め、必要ならやるべきだ」と語り、追加の損失計上で今期の赤字が拡大する可能性を示唆した。 (C)時事通信社