千葉県野田市で小学4年の栗原心愛さんが死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件を受け、超党派の議員連盟は14日、児童虐待に対応する新たな国家資格の創設などを求める決議を根本匠厚生労働相に手渡した。
 児童相談所(児相)などで虐待の相談支援を担う児童福祉司は国家資格ではなく、社会福祉士ら有資格者や、大学で心理学などを学んだ人が自治体に任用される。
 議連会長の塩崎恭久元厚労相は記者団に、「(事件では)児童福祉司の専門性の問題が問われている。専門的な国家資格をつくるべきだ」と強調。厚労省は今後、有識者らによる専門委員会を立ち上げ、資格創設を検討する方針だ。 (C)時事通信社