政府は15日、健康保険が適用される扶養家族の要件として「国内居住」を追加する健康保険法などの改正案を閣議決定した。外国人労働者の受け入れ拡大が4月から始まることを受け、医療保険の不正利用防止を強化する。今国会で成立させた上で、2020年4月の施行を目指す。
 また改正案では、厚生年金加入者の配偶者(年収130万円未満)が保険料負担なしで年金を受け取れる「第3号被保険者制度」についても、国内居住を新たに要件とする。 (C)時事通信社