【ビジネスワイヤ】武田薬品工業は、同社のホジキンリンパ腫治療薬「アドセトリス(ブレンツキシマブ・ベドチン)」について、欧州連合(EU)欧州委員会が適応拡大を承認したと発表した。アドセトリスとAVD(アドリアマイシン、ビンブラスチン、ダカルバジン)の併用療法の適応が、未治療のCD30陽性ステージ4ホジキンリンパ腫成人患者の治療に拡大される。承認につながった第3相ECHELON-1試験では、アドセトリス併用群がABVD(アドリアマイシン、ブレオマイシン、ビンブラスチン、ダカルバジン)併用療法の対照群と比較して、病状進行、死亡、あるいは追加抗がん治療の必要性のリスクが低減した。 (C)時事通信社