細胞内で不要になったたんぱく質を分解、再利用する「オートファジー(自食作用)」の機能が加齢に伴って低下する仕組みを、大阪大の吉森保教授らの研究グループが明らかにした。たんぱく質「ルビコン」が要因の一つという。論文は19日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された。
 オートファジーは細胞の新陳代謝や細胞内の有害物除去などの役割を持つ。ルビコンはオートファジーを抑制し、加齢とともに増えるため老化現象が進むが、増加の原因は詳しく分かっていない。
 研究グループは、ルビコンをなくしたマウスや線虫、ショウジョウバエで実験。オートファジーの活発化が見られ、マウスでは腎臓の繊維が蓄積する加齢性の病態が抑えられたり、パーキンソン病の原因となるたんぱく質の塊の量が低下したりした。線虫やショウジョウバエでは寿命が約20%延びたという。今後の研究で人にも応用できる可能性がある。 (C)時事通信社