スポーツジムを展開するRIZAP(ライザップ)グループの瀬戸健社長は19日、東京都内の本社でインタビューに応じ、一時凍結した企業の合併・買収(M&A)について「できるだけ早く次の成長にチャレンジしたい」と、2020年3月期以降の早期再開に意欲を示した。急速なM&Aが裏目に出て、19年3月期の連結純損益は70億円の赤字に転落する見通しだが、不採算事業の売却・撤退にめどを付け、「来期(20年3月期)は黒字化できる」と明言した。
 RIZAPグループは赤字企業を次々と買収して、事業規模が急拡大。瀬戸社長は「再生前に次の企業に手を出し、(管理が)甘くなった」と連結赤字転落の要因を挙げ、「(買収再開の際は)プロセスを厳しく見直さなければならない」と語った。傘下に収めた不振企業の再建が前提で「(再開は)時間ありきではない」とも指摘した。 (C)時事通信社