京都大付属病院の池田華子准教授らのグループは21日、目の難病「網膜色素変性症」の患者に、アミノ酸の入った薬を投与して進行を遅らせる効果があるかどうかを調べる医師主導の臨床試験(治験)を3月から始めると発表した。
 網膜色素変性症は、網膜の細胞が死んで視野が徐々に狭くなり、視力が低下する難病。失明に至る恐れがあり、国内に3万人程度の患者がいる。
 グループは、肝硬変の患者に用いられている薬に含まれるアミノ酸に注目。マウスを使った実験で、これが網膜の細胞が死ぬのを抑える効果があるのを確認したという。 (C)時事通信社